住宅ローン 金利

住宅ローンと金利について

住宅ローンを検討している人が最も関心を持っていることは、やはり金利がどのくらいかという点でしょう。住宅ローンの金利が高いと総合で支払う額も大分変わって来ます。なるべく低い金利の住宅ローンを探したいと思うのは当然です。金利と住宅ローンは密接な関わりがありますが、どういうつながりでしょう。住宅ローンの金利は、お金を借りる際に借りる期間や金額に応じて利息を支払わなくてはいけないのです。元金における、利息の割合が金利となります。住宅ローンを組んだ場合には、借り入れをした住宅ローンの金額に利息をプラスした合計が総支払い額になるわけです。住宅ローン金利は、固定金利型と変動金利型があります。どちらの金利を利用するかによっても、金額は変わります。住宅ローンの金利を検討する場合には必ず確認すべき点として、固定金利と変動金利のどちらが得かという点です。固定金利で住宅ローンを使うか、変動金利の住宅ローンにするかは大事です。固定金利というのは、毎月一定の金利分を支払うタイプ、そして変動金利というのは基本は半年後とに見直しがあり、金融対策などによって変動する事もある金利のタイプです。かつては、住宅ローンは固定で融資を受けた方が安定していていいと言われていました。最近は固定金利も大分下がっている為、選択するメリットも十分にあるので住宅ローンはしっかり比較検討することをおすすめします。

住宅ローンの固定金利とは

固定金利制の住宅ローンを利用するという人が多くなっています。住宅ローンの固定金利は変動金利と比較して何が違うのでしょうか。借入時の利息が最後まで一定なのが固定金利の特徴です。この金利タイプで住宅ローン融資を受けると、完済まで金利は同じです。住宅ローンの固定金利のメリットは、支払い開始時点ですでに総合の返済金額がわかっている事です。返済プランをはっきり立てることができるので、ライフプランとの兼ね合いも考えやすくなるでしょう。固定金利のデメリットは一度決めてしまうと、たとえ何年か後に金利が低くなったとしても決して変えられない事です。固定金利選択形という住宅ローンを利用するという人もいます。固定金利選択型というのは、まずは固定金利で開始されます。しばらく返済をしてから、改めて変動金利と固定金利のどちらがいいかを決めます。住宅ローンを固定金利で組んでも、数年後には見直し時期が来ます。その時点での金利を確認し、変動金利のほうがいいと判断すれば、変動金利にできるというものなのです。住宅ローンの固定金利選択型は一定期間のみ金利が固定されている関係で、返済金額の合計はわからないと言うデメリットもあります。

住宅ローンの変動金利とは

住宅ローンの変動金利とは、どのような仕組みになっているのでしょう。変動金利で住宅ローンを組んだ場合、固定金利を利用するより低金利になります。金融機関によっては金利優遇キャンペーンなどの販売セールを実施している場合も良くあります。普段では考えられないほど低金利の融資が利用できることもあります。住宅ローンの変動金利は、年に2回ほどの見直し時期があり金融政策や情勢によっては高くなることも有ります。ローンを利用する人にはどうしようもない状況のために、金利が変わってしまうというわけです。何年もの先を見越すのは難しく、デメリットのひとつと言えます。変動金利制の欠点は、最終的な返済総額を融資を受けた時には計算できないということがあります。金利が変動する為にその時々によって返済額が変わるので、家計への負担が増える可能性がります。返済額が増える事も十分に考えられることです。もしもの状況になって金利が急上昇し、返済の負担が大きくなった時でも対処できるように、住宅ローン返済中は予備費を多めに所有しておくことが大事になるでしょう。住宅ローンを組む時は、返済期間が長いだけに借り入れ時だけの金利で決めてしまうのはやめましょう。何年か後の金利のことも考えた上で、固定金利か、変動金利かを決めていきましょう。住宅ローンは借り入れ金額が大きいので、金利などを考慮し慎重に考えて選ぶようにしたいものです。